FC2ブログ

20210317 露と落ち・・・・た日 1537年3月17日

 露と落ち・・・・た日 1537年3月17日
 

豊臣秀吉の辞世の句とされる・・・

露と落ち 露と消えにし 我が身かな なにわのことも 夢のまた夢

Toyotomi_hideyoshi.jpg

wikiより転載

初め木下氏で、後に羽柴氏に改める。皇胤説があり、諸系図に源氏や平氏を称したように書かれているが、近衛家の猶子となって藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓されて本姓とした。

尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされている(出自参照)。
当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、従来にはない斬新な奇策や政策で次第に頭角を現した。
信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、清洲会議で信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。
大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。
天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。
理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。
墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として知られる。



露と落ちた日   1537年3月17日 ( 旧暦 天文6年2月6日 )   484年前

露と消えた日   1598年9月18日 ( 旧暦 慶長3年8月18日 )  423年前 享年61




♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡   ♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤  ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


~MAROSIXの「ありがた~いお言葉」~


敵の逃げ道を作っておいてから攻めよ

 by 神号 豊国大明神=戒名 国泰祐松院殿霊山俊龍大居士=豊臣秀吉



逃げ道を完全に塞ぐと敵は降参しなくなるばかりか、猛烈に反撃してくる。
だから、攻める前に逃げ道を一つだけ作っておけという意味です。





鼻をポチっとクリックして頂けると、あたいを世話していた人が喜びます。
    
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
にほんブログ村


Copyright ©わがまま勝手な呟き All Rights Reserved.
スポンサーサイト



テーマ : どうでもいいはなし
ジャンル : その他

20210202 今年の「節分」は2月2日…実は124年ぶり!

 橘三千代の発願によって行基が建立した法隆寺・西円堂
 

節分は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。

節分とは「季節を分ける」ことも意味している。

江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていたため、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われていました。
宮中での年中行事であり、『延喜式』では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていました。


平安時代頃から行われている「追儺」

法隆寺
各地で節分には「追儺」が行われます。法隆寺でも追儺式があります。

橘三千代の発願によって行基が建立した法隆寺・西円堂


写真はすべて、6~7年ぐらい前のものです。

20150120010726ad6s.jpg

西円堂石段
西院伽藍北西の小高い丘にある八角造りの円堂です。
20150120010725ef8.jpg
奈良時代に橘三千代の発願によって行基が建立したと伝えていますが、現在の建物は鎌倉時代に再建されたものです。
そのお堂の中央には、わが国最大級の乾漆像として知られる、本尊薬師如来座像(峯の薬師とも呼ばれる 奈良時代作)が安置されています。


また西円堂の東側にある鐘楼は、時を知らす鐘で、現在8時・10時・12時・2時・4時にその数だけ撞かれています。

正岡子規が「柿くえば鐘がなるなり法隆寺」と詠んだ鐘の音は、この鐘です。


追儺式」は、西円堂の基壇上で黒鬼、青鬼、赤鬼がそれぞれ所作を行い松明を投げ、
20150120010729976s.jpg

20150120010728f97s.jpg

その後に毘沙門天が現れて鬼を追い払います。

鬼とはなんでしょうか・・・


♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡   ♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤  ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


寒さが峠を越えて春到来の予感が、膨らむ頃に立春がきます。
節分の次の日が立春です。

今年の「節分」は2月2日…実は124年ぶり!



今日は節分、豆まきしますか? 豆食べますか?

麿は

齢の数だけ

食べられない人は、お正月にも飲む福茶で代用してもいいそうです。

福茶は節分に限らず、縁起のいいときに飲むお茶です。

お正月用は、元日に若水を沸かし、中に黒豆・結び昆布・梅干し・山椒(さんしょう)などを入れた茶で、その時節によって素材を変える、日本ならではの楽しみ方があります。

意外と知られてない?かも。

節分の福茶・・・わざわざ買わなくても自分で簡単に作れます。

麿っちの30秒クッキング♪
こぶの佃煮か塩昆布少量、梅干し1個、豆まきに使った福豆3粒を湯呑に入れて、熱湯を注ぐだけで出来上がり・・・優しい味です。


   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


イテッ!なにすんだよー!・・・・・・ここから始まる

2015010602382896c.jpg

鬼は外、福は内・・・ 痛いの痛いのとんでいけ~


獅子舞も、豆まきも、追儺も、雛流しも・・・・・
これらの根本的な考え方の根っこは同じように思います。



♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡   ♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤  ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


~MAROSIXの「ありがた~いお言葉」~


「でも」を禁止する。

すると、自然に姿勢がしゃっきりと前を向く

                by 斎藤茂太







鼻をポチっとクリックして頂けると、あたいを世話していた人が喜びます。
    
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
にほんブログ村


Copyright ©わがまま勝手な呟き All Rights Reserved.

テーマ : どうでもいいはなし
ジャンル : その他

20201214 赤穂浪士 「忠臣蔵」

 あら楽し 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし
 

かつては、年末近くになると映画やテレビは「忠臣蔵」が定番でした。


  大石内蔵助   赤穂藩家老 万治2年(1659年) - 元禄16年2月4日(1703年3月20日)

t02200252_0375043011854394089.jpg


江戸中期、赤穂藩の商人たちが何度も製塩業の申請をしましたが一向に許可が下りませんでした。

そこで家老·大石内蔵助に頼んでみたものの、 まったく音沙汰がありません。
ところが10年経ってようやく製塩の許可が下りました。

商人たちが理由を聞くと大石はこう答えました。
「塩を焼くには大量の新がいる。播磨の山は木が少なく、製塩を始めたらすぐに坊主になってしまう。 だから苗木を植えた。そして10年経って木が育ったので製塩を許可したのだ」と。

平素は昼行灯(ひるあんどん)とあだ名がつくほど凡庸な人間と思われていた大石ですが、 民の声に耳を傾け、機会を待っていたのでした。

「じっと待つ」ことが一番必要とされる状況・・・・不安と忍耐の期間もあるのですね。


極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人



♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡   ♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤  ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


~MAROSIXの「ありがた~いお言葉」~


富士山も見る位置によってさまざま、姿かたちも違う。

他人の評価に振り回されることなく、「自分の価値は自分で決める」こと。





鼻をポチっとクリックして頂けると、あたいを世話する人が喜びます。
    
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
にほんブログ村


Copyright ©わがまま勝手な呟き All Rights Reserved.

テーマ : どうでもいいはなし
ジャンル : その他

20200728 史上初!天神祭の神事をライブ配信

 史上初!天神祭の神事をライブ配信
 

大阪天満宮 天神祭り



最初は無音ですが、31分ごろから始まりますのでスライドバーで進めて下さい。

以前参加したとき、境内で祝詞などはマイクを通じて聞くので、文言がよくわからなかったのですが、今回ははっきりわかりました。



数年前の2月25日に太宰府天満宮の祭礼での祝詞も聞いたのですが、チャンスがあれば、同じ2月25日の京都・北野天満宮と大阪天満宮の祝詞もきいてみたいと思います。

祝詞の内容はそれぞれ違うようですね。


期間限定配信らしいので、お早めに・・・リンク切れていたらゴメンナサイ。


♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡   ♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤  ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


~MAROSIXの「ありがた~いお言葉」~

企業は問題解決するより、機会を追求する方に時間をかけよ。

   by ピーター・ドラッガー




鼻をポチっとクリックして頂けると、あたいを世話する人が喜びます。
    
にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
にほんブログ村


Copyright ©わがまま勝手な呟き All Rights Reserved.

テーマ : どうでもいいはなし
ジャンル : その他

20200413 巌流島の戦い

 
 

巌流島の戦いは慶長17年4月13日(1612年5月13日)とされます。

キャプチャ

武蔵がわざと遅延して来て小次郎を苛立たせ、小次郎が「遅いぞ武蔵、臆したか!」と叫びながら物干し竿と呼ばれた長い刀を抜き、鞘を投げ捨てます。
武蔵が即座に「小次郎、破れたり!勝つ者がなぜ鞘を捨てるか!」と切り返したとなるのです。

決闘の立ち合いを務めたという沼田家の沼田家記があります。

ある意味、これの信用度は高いと考える人は多いのですが、そうなると戦いの様相はまったく変わるのです。

武蔵には弟子4人がおり、対決では1対1で戦い武蔵は勝利するも小次郎はまだ生きており、後から弟子が撲殺したとなります。

その後小次郎の弟子が武蔵を執拗に追いかけたとの話まで。

何故武蔵が、細川家をはじめ、どの大名にも仕官出来なかったのか・・・・わかる気がしますね。



♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡   ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡










♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡   ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡ ♡♥♡♥♡


~MAROSIXの「ありがた~いお言葉」~


理不尽な扱いを受けるたびに、人間観察眼が研ぎ澄まされる。






にほんブログ村 その他日記ブログ 言いたい放題へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ テキトーへ
にほんブログ村
Copyright ©わがまま勝手な呟き All Rights Reserved.

テーマ : どうでもいいはなし
ジャンル : その他

プロフィール

marosix

Author:marosix
「寝言は寝て言え!」と言われることを承知で、思いつくまま気の向くまま「みんなが大いに気にする、あるいは殆ど気にならない」にかかわらず、「気になるもの、興味を惹かれたもの」をわがまま勝手に取り上げ、無責任に思いつくままを「呟いてみよう」と思います。
marosixの「ありがた~いお言葉」もたまに登場します。

最新記事
月別アーカイブ
覗いてくれてありがとう
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア